#getupand

気候のために立ち上がろう! 世界100都市でみんな一緒にパフォーマンス

2015.06.30

ダンスに仮装、水着でのアピールも−—。

5月30日、「get up and」(目を覚まして、行動を起こそう)をかけ声に、世界中でさまざまなミニパフォーマンスが行われました。

(ビデオ: 5月30日の#getupand グローバルアクションまとめビデオ)

世界30カ国、100を超える都市で行われたパフォーマンスは、年末にパリで行われる気候変動に関する国連会議COP21に向け、「気候のために立ち上がろう」と呼びかけるもの。

当日は、世界中でハッシュタグ #getupand をつけた5000を超える投稿が、フェイスブックやツイッターなどソーシャルメディアに続出。「石炭など化石燃料でも、原発でもなく、自然エネルギー100%でいこう!」とのメッセージがオンラインに溢れました。

#getupand

枕にメッセージを貼付けて、「気候のために目を覚まそう!」と呼びかけるパフォーマンス

インドネシア、イタリア、スペインでのフラッシュモブ、ハンガリーでの巨大バナー、イスラエルのサッカースタジアムでのパフォーマンス、アルゼンチン、タイ、ドイツ、ルクセンブルク、ヨルダン、セネガル、フランス、トーゴ、ボリビアなどでのパフォーマンス、そして日本をはじめ各国でのソーシャルメディア投稿などなど。

国境を越え、時差を超え、「石炭など化石燃料でも、原発でもなく、自然エネルギー100%でいこう!」と、たくさんの人がした小さな意思表示。

次回は9月の予定。

さらに日本では11月28日(東京)、29日(京都)に「気候マーチ」の開催が決定! 詳しくは、このウェブサイトでご案内します。あなたのご参加、お待ちしています!

(グリーンピース・ジャパン 高田久代)