画像の意味を入力

日本が「本日の化石賞」で「第1位」「第2位」「第3位」をまとめて受賞!

2015.06.07

2015年6月1日から11日まで、ドイツのボンにて、国連気候変動交渉会議(SB42/ADP2-9)が開催されています。会期中の4日、会議場内で、日本政府が3つの「本日の化石賞(Fossil of the Day Award)」を受賞しました。本日の化石賞とは、日々の交渉で最も後ろ向きな国の政府に対して世界の環境NGOネットワークが贈る不名誉な賞のことです。今回は、化石賞の1位から3位まですべて日本が単独受賞した、珍しいケースとなりました。受賞理由は次の3つです。

第一位:日本
日本の排出削減目標の政府原案は「2013年比で2030年までに26%削減(1990年比で同18%削減)」と極めて低い

第二位:日本
G7サミットに向けて、気温上昇2℃未満のために国際的な開発援助銀行の投資基準をつくる提案があったが、G7で唯一日本が強く反対し、これが削られた

第三位:日本
世界が脱石炭を進める中、日本は途上国における石炭火力発電所事業に対して資金支援をし続けている

詳しくはCAN-JapanのWEBサイトをご覧ください。
fossil of the day award