11880497_1057010670990665_7166776779242752155_n

【 2015年10月7日】「15人の15歳と語る!15年後の世界と日本」~SDGsを通じて、2030年の世界と日本について考えよう~

2015.08.25

2015年は、大変重要な年です!
私たちの未来(地球)の今後を左右する世界目標が決まる年だからです。

今年最終年を迎えるミレニアム開発目標(MDGs)にかわる、ポスト2015年開発目標(Sustainable Development Goals (SDGs):持続可能な開発目標)と気候変動・地球温暖化への取り組みをより良いものにしていくために、国際的なキャンペーン「action/2015」が世界130か国以上で展開されています。
Japan➡http://www.ugokuugokasu.jp/action2015jp/
Global➡http://action2015.org/

このキャンペーンの一環として、国会イベントを開催致します。

★企画内容★
2000年、MDGsと共に生まれた15歳の中学生15人が、
各政党の国会議員の代表の方々と
「15年後の世界と日本がどうなっていてほしいのか」について語ってもらう企画です。

★イベント申し込みは、こちら★
①このイベントページで”参加予定”をクリック
②以下の参加申し込みフォームから必要事項を入力
http://goo.gl/forms/C6I1PP1v0b

※facebookでの参加ボタンだけでは、参加申し込みは完了しておりません。上記URLの申し込みフォームより申し込みいただくと、完了となります。

★イベントの詳細については、こちら★
URL:https://peraichi.com/landing_pages/view/pnf5d

日時:10月7日(水)午後
参加費:無料!
場所:参議院議員会館(国会議事堂駅、永田町駅近く)
参加者:200名限定!
国際協力に関心のある/ない方、誰でも参加可能

■サポーター
MISIAさん➡http://bit.ly/1JObOyj
ワン・ダイレクションさん➡https://youtu.be/tUkGiwlil84
その他、デズモンド・ツツ名誉大司教、マララ・ユスフザイ、サー・リチャード・ブランソン、シャキーラ、ベン・アフレック、ビル・ゲイツとメリンダ・ゲイツ、ボノなど、数多くの著名人がaction/2015を応援してくれています!

■なぜこのイベントを企画したのか
国会議員、研究者、学生、一般市民、NGO/NPOなど様々な立場の人々が1つの場所に集まり、国際目標について考える場を作りたいと思ったからです。
そして「それぞれの立場で何ができるのか」を考え、発言し、双方向のコミュニケーションができる機会を作りたいと考えたからです。

■なぜ15歳なのか
2000年に生まれた世代
MDGs(2000~2015年の世界目標)とともに生きてきた世代
2030年に30歳となり、社会の中堅として、家庭・仕事など、将来を支えていく世代であるため。
また18歳選挙権も始まるため、政治への関心を高めるきっかけ作りとして、15歳の中学生にフォーカスしました

■action/2015キャンペーンに、ぜひ参加してください!
スタンドアップは2014年で幕を閉じましたが、
2015年限定の【アドボカシー・フォトキャンペーン】が2015年1月15日よりスタートしました。
スタンドアップとは異なり、人数のカウントではありません。
これは、貧困、飢餓、食糧、福祉、ジェンダー、教育、気候変動どといったテーマから、みなさんが最も関心の強いテーマを1つ選んでもらい、写真を撮って、「これが大切だと思います!」とメッセージを出すというアクションです。それぞれの人の関心事項は、action/2015Japan事務局が集計し、
「●●に関心を持っている人がこれだけの数いるんですよ
だからもっとしっかりやりましょう」
と政府に働きかけをする際に活用します。
アドボカシー・フォトはこちら➡http://action2015jp.org/
こちらもぜひご参加いただき、周りの方々へもお伝え頂けると幸いです。
疑問点・不明点あれば、お気軽に事務局へご連絡ください

「動く→動かす」事務局
TEL:03-3834-6902
Mail:action2015jp@gmail.com
HP:http//www.ugokuugokasu.jp