投資撤退イメージjpg

【2015年9月19日 – 9月20日・東京】化石燃料産業からの投資撤退(ダイベストメント)ワークショップ

2015.09.01

【参加者募集:イベント情報!】
350.org は、日本初の「化石燃料産業からの投資撤退(ダイベストメント)」ワークショップを、9月19−20日に都内で行う予定です。このワークショップへの参加者を募集中!

持続可能な社会を実現するため、投資を切り替える必要が有ります。

背景:「投資撤退(ダイベストメント)」とは?

問題点:危険な気候変動を避けるためには、科学者たちは、世界中に埋蔵が確認されている化石燃料資源(石油、石炭、天然ガス)の8割を地中に残しておく必要がある、としています。つまり、今まで依存してきた化石燃料資源の活用を食い止め、自然エネルギーへ急速に移行する必要が有ります。

解決策:「投資撤退(ダイベストメント)」は 不道徳で非倫理的な取引に反対するための戦術の一つであり、資産運用者に対し、特定の保有株式、債券、投資ファンドの売却を要求することです。

脱炭素社会を目指す私たちは、気候の安全を守るため、そして持続可能な未来を実現するため、公的資金を運用している機関投資家に対し、化石燃料産業からの投資撤退を要求することを「ダイベストメント」と呼んでます。

ダイベストメントの戦術は1970−80年台に南アフリカのアパルトヘイト「人種隔離政策」に反対する国際的キャンペーンに活用され、 南アフリカ政府関連企業の保有株式、債券、投資ファンドの売却を要求したのです。米国の大学で始まった運動は、1989年に155校、26州、そして90市に広がり、アパルトヘイトを動かす後押しになりました。同じように現在、化石燃料産業からの投資撤退運動が世界中に広がっています。

ワークショップ内容:ワークショップでは、世界中で注目されている化石燃料産業からの投資撤退運動「ダイベストメント・ムーブメント」を、どうすれば日本でも展開できるかについて議論します。これは新たなキャンペーンスキルや戦略を学ぶチャンスです!

以下のテーマについて意見交換や対話を出来ます。

• 世界中で広がりをみせる、脱炭素社会を目指す「ダイベストメント・ムーブメント」のストーリー、効果、ケーススタデ
• 「投資撤退=ダイベスト」の戦略や戦術について詳しく知
• 米国、ヨーロッパ の事例から、どうすれば一層効果的にキャンペーンを実施できるか?
• 「調査報告」にて、日本の機関投資家(大学、地方自治体、年金基金、保険会社、銀行)はどのぐらい化石燃料産業に投資してるのか?
• 日本ではどの組織に焦点を当てて働きかけるか?
• 皆が何をすればキャンペーンに参加出来るのか?|

またワークショップでは、ネットを通じてライブパネルディスカッションを行い、ヨーロッパの活動家から実際のキャンペーンストーリーや経験を学ぶチャンスが有ります!

「イベント情報」スケジュールは以下のとおりです!

DAY1  9月19日(09:00〜18:00)
1) Motivations / Inspiration (なぜ投資撤退運動に興味持ったのか?)
2) Divestment History / Concept (投資撤退のコンセプト・目標・今までの効果)
3) Divestment Campaign Examples (live discussion panel) (ヨーロッパの活動家が彼らの経験を直接伝えるライブディスカッション)
4) Running a Campaign: goals, strategy, targets(キャンペーン戦略)
5) JP Theory of Change – Divest Japan! (350.orgのセオリーオブチェンジ)++交流会

DAY 2 9月20日 (09:00〜17:00)
6) Findings of divestment research in Japan (化石燃料投融資に関する調査結果の発表)
7) Practical: Strategic Target/Allies/Power Analysis (投資撤退キャンペーンのターゲットアナリシス・分析)
8) Applying Tactics/Methods キャンペーン戦術
9) Practical: Campaign Debate (groups) キャンペーンディベート・ロールプレイ (メデア・ロビー・一般の人に声をかける時の練習)
10)Path through Paris: パリに向かって何が日本で出来るのか?
11)Concluding session: コンクルージョン&COMMITMENT

OXFAMの鈴木洋一さんにもファシリテートを手伝って貰えます!

では宜しくお願い致します。

「皆様会場が決まりました!」そして東京都内の外からの人でも参加出来るよう交通費も宿泊が必要なら350.orgが負担することも可能ですので、是非お申込みを!

http://350.org/ja/divestment-training-ja/

会議室(9月19−20日):
NATULUCK茅場町新館 3階大会議室
住所:東京都中央区日本橋兜町 12-7 3F
• アクセス:東京メトロ東西線 茅場町駅から徒歩1分
• 都営浅草線 日本橋駅から徒歩3分
• JR中央線(快速) 東京駅から徒歩10分

参加費用:無料。東京都内の外からの人には交通費、そして一泊宿泊のコストも350.orgが負担できます。

申込み:
http://350.org/ja/divestment-training-ja/
参加費用:無料 (東京都内の外からの参加者には交通費もカバー出来ます)

連絡先:
350.org JAPAN キャンペーン担当(古野真)
メール: shin@350.org
携帯: 070-2793-3648