防災セット

冬の停電対策と備え|オススメの暖房器具やストーブと簡易照明10選

冬に停電すると本当に困ります。大人はもちろんですが、赤ちゃんのミルクを温めることや寒さ対策はどうしたらいいのでしょう?冬の停電時に必要なものとバッテリーの確保方法をご紹介します。

冬に停電すると困る事は?

寒い

冬に停電すると困るのは、まずはじめに困るのは暖が取れないことです。

薪ストーブや石油ストーブ、ガスストーブをお使いの家なら問題はないのかもしれませんが、オール電化されている家は電気が途絶えた途端に「寒さとの戦い_になります。

  • エアコンが使えず暖が取れない
  • 電気ストーブが使えず暖が取れない
  • エコキュートが動かず風呂に入れない
  • IHが作動せず調理出来ない

 

照明(電気)がつかない

  • 電気(照明)が使えない

夜になると真っ暗闇になります。

怖い上に危険ですね。

 

スマホが充電できない

  • 電化製品が使用できない
  • スマホの充電が出来ない

また、テレビやWi-Fiも利用できなくなるために情報が入らない恐れも出てきます。

水道が止まる

一戸建てであれば、多くの場合は停電により水道も止まるという心配はありません。

大規模停電などで浄水場自体が機能しなくなると、配水不可能で断水になるケースがありますが、これは稀なケースと考えて良いと思います。

マンションなどの高層の建物は、ポンプや加圧の動力源は大抵が電力なので「停電すると水道も止まる」という事態が起きます。

周囲の住宅は断水していないのに、自宅のマンションだけ水が出ない!ということになる可能性もあります。

おうちの水道がどの方式をとっているのか、また自家発電機の備えはあるのかについて、一度確かめておきましょう。

停電したらどうする?

ブレイカーの確認

まず、停電が自分の家だけなのか周囲も停電しているのかを確認しましょう。

自分の家だけが停電したらまずブレイカーの確認をします。

万が一、漏電によりブレーカーが落ちていたら最悪の場合、火災になることもあるので漏電箇所がわからない場合ははならず電力会社へ連絡をしましょう。

自分の家だけでなく近隣一帯が停電している場合は、電力会社のホームページなどで「停電情報」を確認します。

停電情報を確認する

電力会社のホームページで配信されている「停電情報」などを確認して、停電の規模や復旧の目安を知ることもできます。

スマホに登録しておくと便利なので、家の電力会社のホームページを登録しておくとおいいです。

 

【各電力会社の公式停電情報ページはこちら】

・北海道電力:停電情報

・東北電力:停電情報

・東京電力:停電情報停電情報

・中部電力:停電情報

・北陸電力:停電情報・

・関西電力:停電情報

・四国電力:停電情報

・中国電力:停電情報

・九州電力:停電情報

・沖縄電力:停電情報

冬の停電に備えておきたいもの

冬の停電は夏の台風の停電とは違い、大雪や凍結によるものが多いです。

その場合、大雪が何日も続くと復旧が遅れることが予想されますので、電気を利用しないで暖を確保する暖房器具や照明は必ず備えておきましょう!

  • 電気を使わない暖房器具
  • 電気を使わない照明器具
  • 電池式ラジオ
  • 電池式モバイルバッテリー

この他、停電に限らずに用意したいのは水や食糧と「防災グッズ」です。

電気を使わない暖房器具を備えよう!

寒い冬に突然の停電になると、電気が必要な暖房器具は使えません。

電気ストーブ、ファンヒーター、オイルヒーター、床暖房、電気カーペット、すべて使用できなくなります。

長時間の停電で暖房器具が使用できないと命に関わります。

そこで、石油ストーブ、ガスストーブなど電源なしで点火できる暖房器具を備えておきましょう。

カセットガスストーブ

普段遣いの器具に加えて、もしもの停電に備えてカセットボンベで使用できるストーブを用意しておくのもいいですね。

 

商品名 アラジン カセットガスストーブ ポータブル
燃焼時間 約1時間40分〜4時間20分
価格 43,000円(税込)

コンパクトで持ち運び便利な、カセットボンベ式のガスストーブです。



 

カセットガスファンヒーター

 

商品名 イワタニカセットガスファンヒーター
燃焼時間 1時間43分
価格 24,800円(税込)

 


石油ストーブ

商品名 コロナ CORONA
ストーブ 石油ストーブ RXシリーズ
価格 11,990円(税込)

 


 

湯たんぽ

商品名 CLOZ やわらか 湯たんぽ
価格 2,980円(税込)

こちらの商品は日本製で、スウェットのようなぷよぷよした肌触りで、カバーいらずという画期的な湯たんぽです。

 


 

使い捨てカイロ

商品名 貼るタイプの使い捨てカイロぽかぽか家族
価格 437円(税込)

 


 

 

 

電気を使わない照明器具を備えよう

停電になればもちろん照明器具も使用できず暗闇は不安が募ります。

小さなお子様やご年配のいる家庭では足元が見えないと危険なこともあります。

懐中電灯やランタンを用意しておきましょう。

 

商品名 Panasonic 電池がどれでもライト
使用可能時間 最長で約86時間連続使用可能
価格 1,510円(税込)

 

単1形~単4形の電池がどれでも1本で使える懐中電灯で、新シェード採用でランタンとしても使用可能です。


 

ペットボトルランタンの作り方

警視庁警備部災害対策課の公式アカウントでは家庭にあるもので簡単に作るランタンの作り方を紹介しています。

まずは「ペットボトルでランタンを作る方法」です。

ツナ缶ランプの作り方

サラダ油ランプの作り方


注意:ツナ缶ランプやサラダ油ランプは日から離れるときには必ず消しましょう!

水・食糧の確保

停電が何日も続いたり、通行止めで物流がストップすることも考えられます。

水はもちろん食糧のストックは、冬の大雪だけでなく1年を通して防災グッズは備えておきたいものです。

停電では電子レンジが使用できません。

商品名 防災セットSHELTERプレミアム 2人用
価格 18,900円(税込)

リュック型の防災セットなら、避難所へ向かうときにも持ち出しに便利です。

 


 

 

電池式ラジオ

停電に限らず、災害時には情報収集をすることが大事です。

電気が使えないとなるとスマホや携帯はできるだけ使用したくありません。そんなときに心強い見方はやはりラジオです。

電池式のラジオを用意してくだけで安心です。

 

 

商品名 手回し充電ラジオライト
価格 3,281円(税込)

こちらの商品はラジオのFM・AM機能を搭載されているだけでなく、スマホも携帯電話も充電可能という優れものです。

電池式モバイルバッテリー

 

商品名 乾電池式モバイルバッテリー2個セット
価格 1,100円(税込)

乾電池で簡単に充電ができます。

ライトも点灯するので、もしものときに役立ちます。


 

家庭用蓄電池・ポータブル電源

商品名 ポータブル電源
価格 79,800円(税込)

 

防災用はもちろん、キャンプやアウトドアでも活躍する家庭用蓄電池です。

家庭用コンセント充電、シガーソケット充電、ジェネレーター、別売のソーラーパネルでの充電も可能です。


 

スマホのバッテリーを持たせる方法

北海道胆振東部地震が起きた際、KDDIはTwitterで災害時にスマートフォンのバッテリーをもたせる方法をツイートしました。

体を温める方法

ガスストーブや石油ストーブなどのように部屋全体を温めることができない時には、体を体を温める必要があります。

太い血管や大きな筋肉がある部分を湯たんぽなどで集中的に温めましょう。

効率よく体を温めることができます。

 

何も無いときには衣類や毛布で対処しましょう。

肌着、セーターなど保温性の高い衣類を重ね着して足元を温めることも忘れずに。

その上から毛布に包まればある程度は寒さをしのげると思います。

また、生姜など体を温める作用のある食材も備蓄食品に加えておくのもいいですね。

まとめ

冬の停電対策と備え|オススメの暖房器具やストーブと簡易照明10選】をまとめました。

寒い冬の停電に備えて暖房器具や簡易照明の作り方など、非常時に備えておくことが大切です。