台風

台風3号2021たまご最新情報と米軍ヨーロッパの進路予想!関東大雨はいつ?【チョーイワン】

台風3号2021(Choi-wan チョーイワン)のたまごが発生し24時間以内に台風になるよ舗装です!最新情報と進路予想をまとめました!台風3号はいつごろから日本に影響があるのでしょう?

【追記あり】

台風3号のたまご発生!

2021年5月13日(木)9時現在、フィリピンのミンダナオ島の東で熱帯低気圧が発達中です!

気象庁では24時間以内に台風に発達する見込みと発表しました。

【熱帯低気圧 5月13日(木)9時】

存在地域   ミンダナオ島の東
移動     西北西 15 km/h
中心気圧   1004 hPa
最大風速   15 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 23 m/s

気象庁の発表によると、この熱帯低気圧(たまご)は台風に発達した後西寄りに進み、15日(土)頃に熱帯低気圧に変わる予想となっています。

気象庁:台風2021の情報

「台風のたまご」とは台風になりそうな熱帯低気圧のことを指しますが、気象庁では今後24時間以内に台風に発達しそうな熱帯低気圧だけを発表します。

もちろん気象庁では発表こそしませんが、常にアジア海域の海水温や気象情報を監視・解析しています。

日本の台風予測の精度は高く、アジア圏各国の気象予報の参考にされているほどなのです。

米軍(JTWC):2021年台風2号の情報

アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)による予想を見て見ましょう!

 

画像引用元:Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

すでに(JTWC)では台風と認識されていますね。

世界各国に気象機関が多数ありますが「米軍合同台風警報センター(JTWC)」は最も信頼されている気象機関だと思います。

こちらはハワイ州真珠湾海軍基地にあるアメリカ国防総省の機関で、名前の通りアメリカ軍に向けた気象情報機関ですが、一般の人でも見ることができます。

 

図の見方は下記を参考にしてください。

  • 黄色(LOW):台風の発生は24時間以内には起こりそうにない
  • オレンジ色(MEDIUM):24時間以内に台風になる可能性は高まっているが、発達には24時間以上かかる可能性が高い
  • 赤(HIGH):24時間以内に台風に発達する確率が高い事を示しています。
  • 水色(SUB TOROPICAL): 熱帯低気圧と温帯低気圧の中間的な性質
  • 赤い矢印:熱帯低気圧・台風

ヨーロッパ(ECMWF):2021年台風3号情報

【現在確認中です】

少しお待ちください

windy:2021年台風3号の情報

Windyで日本の南の海上の様子を見てみましょう!

引用元:Windy

気象サービスのWindyは天気予報サービスを自動更新付きでみることができるので、常にリアルタイムで最新情報を確認できます!

2021年台風3号の名前

2021年の台風3号の名前は【チョーイワン】です。

こちらは香港が命名したもので意味は彩雲という雲。さて、彩雲とはどんな雲のことなのでしょう?

気になる方はこちらの記事もどうぞご覧ください。

虹色の彩雲|スピリチュアル的にジンクスを破る3つの強い幸福パワーがある!?虹色に輝く雲「彩雲」を見たことはありますか?彩雲はスピリチュアル的に悪いジンクスを破るほどの強い幸福なパワーが3つあります。仏教やキリス...

まとめ

【台風3号2021たまご最新情報と進路予想!関東大雨の恐れはいつ?【チョーイワン】をまとめました。

24時間以内に台風に発達する予想です。

最新の情報が入り次第お知らせします。